ホール・施設を利用する

自主事業

最新の記事

関内寄席 三遊亭円楽独演会

三遊亭円楽 独演会

5月28日の番組
一、落語 「牛ほめ」
        三遊亭好也
一、落語 「行ったり来たり」
        三遊亭円楽
  〜お仲入り〜
一、ウクレレ漫談 
        パーマ大佐
一、落語 「お化け長屋」
        三遊亭円楽

あいすくりーむ発祥記念コンサート
かほる・マツコの アイスクリーム・ラボ ~目指せ!究極のアイス!~

本公演には関内ホール”アンバサダー”にご参加いただき、コンサートの感想を頂戴いたしました!

【アンバサダーTさん】
「アイスクリーム」に因んだコンサートという事で、いったいどういう選曲かしらと、楽しみにしておりました。
プログラムに並んだ曲名を見た時、クラッシックの名曲あり、懐メロあり、ポップス系あり、それが一見何の関連性もなく順不同に並んでいるのでビックリしました。
いったいこの曲目をどうやって繋いでいくのかしら。
開演してマツコさんの明るく美しい声が客席左前方から響いてくると、観客席はもう一斉に、これから繰り広げられるコンサートの中に引き込まれていきました。
ストーリーは斬新な発想で楽しく、ユーモアとウエットに富んだ台詞に思わず笑い声も漏れました。
かほるさんの明るくお茶目なキャラクターも好感が持てました。
そして何よりも、素晴らしく巧みな演奏に心を奪われました。
ピアノとヴァイオリンの美しい音色に、サックスの心に響く音が映えます。
ドラムスのリズムが心地好いです。
どうなるのかと思った曲目は上手にストーリーに沿って組み込まれていて、何の違和感もなくすんなり入ってきました。
耳慣れた曲が多いのも、聞いてて安心感がありますね。
心はすっかり舞台の上に引き込まれて、あっと言う間の1時間でした。

演奏者のラフなスタイルも、舞台と客席が近しく、演奏者の方と観客との気持ちがひとつになったような気がしました。

終演後、観客の皆さんのお顔が、ホンワカと優しい表情になっていました。
今日はシルバー世代の方が多かったようですが、皆さん大満足で温かい気持ちになってお帰りになっているのが、その足取りから分かりました。

関内寄席 桂歌丸落語会

関内寄席シリーズ恒例の「桂歌丸落語会」。

地元横浜が生んだ落語界の至宝“桂歌丸師匠”円熟の話芸をたっぷりとご堪能ください。

 

本日の関内寄席
桂歌丸落語会

一.落語 「 つる 」
          春風亭昇市
一.落語 「 初天神 」
          桂鷹治
一.太神楽
          鏡味正二郎
一.落語 「 試し酒 」
          笑福亭鶴光
   ~仲入り~
一.落語 「竹の水仙 」
          桂歌丸

満員御礼shine

馬車道 陽だまりコンサートvol.28
~春への響き~

本公演には関内ホール”アンバサダー”にご参加いただき、コンサートの感想を頂戴いたしました!

【アンバサダーY氏】
本日は楽しいコンサートをありがとうございました。演奏だけでなく、客席と一緒に歌うコーナーは歌声喫茶を思い出すように楽しませていただきました。
しかしながら司会者が作曲者を間違えたことは頭が混乱しましたが、盛りだくさんの内容で皆様大変楽しまれていましたね。
歌の方のソプラノとメゾソプラノの違いがよくわかりました、どちらも素敵な歌声でした。
また、ユーフォニアムはブラスバンドというイメージで、ユーフォニアムとして聴く機会がありませんでしたが、新たな発見をしました、良いですね。

横浜市民ミュージカル 吉田新田350周年記念公演
おさん伝説~遥かなる時をこえて~2017

吉田新田完成から350年記念すべきその年に、その大地で、 現代に生きる横浜の人々が織りなす舞台 喝采を博した2016年に続いて パワーアップして待望の再演!

関内寄席
三遊亭小遊三 林家たい平 二人会

1/21 本日の番組

一. 落語  「八問答」
      春雨や晴太

一. 落語  「持参金」
      三遊亭小遊三

  ~仲入り~

一. カンカラ三線
      岡大介

一. 落語  「二番煎じ」
      林家たい平

ページのトップへ戻る