ホール・施設を利用する

自主事業

最新の記事

関内寄席 「桂歌丸独演会」

2010/12/3

関内寄席 桂歌丸独演会
本日の番組
一、落語 「牛ほめ」 桂 翔丸
一、落語 「質屋庫」 桂 歌丸
    仲入り
一、落語 「勘忍袋」 三遊亭 遊雀
一、落語 「鰍  沢」 桂 歌丸

『横浜ブラススタイル』の立ち上げ!

2010/11/14

可愛くてカッコイイ女性11人のブラスユニット「東京ブラススタイル(ブラスタ)」の姉妹ユニット『横浜ブラススタイル』を2010年に立ち上げました。

12月18日(土)関内ホール大ホール「ブラスタ・パーティー・デラックス2010」に『横浜ブラススタイル』として参加。
『横浜ブラススタイル』は市民参加型楽団という位置づけで活動していきます。

関内ホール1日オープンデー

2010/11/3

「馬車道まつり」(10/31<日>~11/3<祝>)
家族で楽しめるイベントを盛りだくさん用意し、関内ホールを1日、市民の皆さんに開放し「関内ホール1日オープンデー」を開催。

【大ホール】
東京ブラススタイルミニライブ&ブラス体験
親子で楽しめる「ライブ裏側見学ツアー」

【小ホール】
~見て、学べる!使える!~三遊亭亜郎のおもしろ落語教室

【リハーサル室】
ピアノ解体ショー
楽器をつくろう
手作りキャンドルをつくろう
【エントランス】
アート市&オープン・カフェ

DANCE in LIFE Vol.1

2010/9/11

関内ホールコンテンポラリーダンスシリーズ DANCE in LIFE Vol.1 ダンス・イン・ライフ Vol.1
タバマ企画 「ドラマチック、の回」フルバージョン、「TOWER

ダンス発信の街、横浜に新たなダンスシリーズが誕生します。
「暮らしの中にダンスを」をテーマに、親しみやすいダンスカンパニーを紹介する「DANCE in LIFE」。ダンスを観て友達同士で、恋人同士で、家族で楽しい時間を過ごし、ダンスのありかを見つけてみてください。
本 シリーズの第1回目は、コンテンポラリーダンス界で注目されている新鋭振付家・田畑真希。彼女が率いるカンパニー「タバマ企画」の代表作「ドラマチック、 の回」フルバージョン(40)と田畑真希の新作ソロダンス「タワー」(20)を2本立てで上演。

201095日(日) 18:00-20:00 
関内ホール 第4リハーサル室
田畑真希によるワークショップの開催
参加者が独自の動きを発見・習得するワークショップ。

『朗読&朗読劇ワークショップ』

2010/9/3

野村道子をはじめとする現役声優陣による『朗読&朗読劇ワークショップ』

2008年に関内ホールで開催し、多くの方々に好評を得た『声優ワークショップ』第2弾

2010年9月3日~11月26日までの毎週金曜日*各日とも18時~20時30分  計12回

みどりぐみ 彩華乙女塾・第3回本公演/朗読劇
アナザーヴィーナス

2010/6/19

死を怖れる笙子と生を怖れる有紗。

痛みを知る者だけが、互いに光をもたらしめる。

「ハッピーバースデー」の著者による第2弾作品が、涙とともにある魂の痛みや温もりを実感させる、
感動の朗読劇になりました。

原作:吉富多美 監修:青木和雄
主催:関内ホール 制作:野村道子/㈲オフィス・デュオ
出演 内海賢二、他

琢磨 仁のウクレレ・レッスン発表会

2010/4/10

一年間のウクレレ・レッスンの成果を関内ホールのステージで!

出演者
ウクレレ・レッスン受講生
琢磨 仁、琢磨 啓(Half Moon

関内deギターアンサンブル第3回演奏会

2010/3/21

関内ホールの自主事業クラシックギターワークショップ「関内deギター」受講生による自主運営のグループ「関内deギターアンサンブル」の第3回目となる演奏会。

講師・指揮:永島志基

関内寄席 桂歌丸独演会

2010/3/14

今日(2010/3/14)の番組

  一.落語「牛ほめ」    

     桂 翔丸

一.落語「火焔太鼓」   

     桂 歌丸

     仲 入 り 

一.落語「都々逸親子」


  踊りー奴さん 桂 歌助

一.落語「真景累ヶ淵」より 豊志賀の死

    桂 歌丸

秦 万里子コンサート 「半径5メートルをもっと明るく」withうゎ!かんない~ず

2010/2/28

半径5メートルをハッピーに
普段気がつかない半径5メートル以内の日常のちょっとした出来事、
人には言えない主婦の本当の思い大切な友情など身の回りの喜怒哀楽
なんでもかんでもピアノにのせて歌ってしまう現代が生んだ天才音楽家・秦万里子の元気いっぱいのコンサートであなたもハッピーになりませんか?

ゲスト:真部 裕(まなべ ゆう) 

 

主催:tvkコミュニケーションズ / 関内ホール
企画制作:NYパワーハウス

ページのトップへ戻る